アーリークロス
 相手DFが戻りきらないうちに、GKとディフェンスラインの間を狙い早めに入れるクロスのこと。

アイコンタクト
 目と目の合図によって意思の疎通を図る手段。

アウトサイドキック
 「足首の外側」で蹴るキック。比較的近くにシュート、パス、クリアする時に使う。

アシスト
 得点に結びつくパスを出すこと。

アジリティ
 バランス、巧緻性、スピードなどを含む体力要素のひとつで、瞬発力とともに反応及び細かな方向変化を含む素早い動きをこなす能力のこと。

アタッキングサード
 ピッチの全長を3分割したときに、相手ゴールに一番近いエリアのことを指す。用例としては、「アタッキングサードに入ったらシュートを打て!」など。

アドバンテージ
 反則があった場合で、反則された側が有利に試合を進めている(反則を採用すると反則された側が不利になってしまう)と主審が判断した場合、しばらくの間試合を止めずに続行し様子を見ること。

アンティシペーション
 「予測」、「読み」のことで、サッカーでもっとも大切な能力のひとつ。

イエローカード
 試合中に危険な反則や反スポーツ的行為をおこなった選手に主審が警告をするため提示するカード。1試合中に同一選手に対し2枚目のイエローカードが提示されると、続けてレッドカードが提示され、その選手は退場となる。また大会規定などによるが、累積枚数が規程の枚数に達すると、その後の数試合に出場停止となる。

一種
 日本サッカー協会におけるチーム、選手の登録区分。年齢を制限しない選手により構成されるチーム。→二種→三種→四種

インサイドキック
 足の側面内側で蹴ること。 もっとも正確性が高いキック。擦るように蹴ることでボールに変化をつけることも可能。

インステップキック
 足の甲の中心辺りで蹴ること。 真っ直ぐな強いボールを蹴る場合などに用いられる。

インターセプト
 パス、ドリブルなどをしている敵のボールを奪うこと。

インピード
 ボールに対してプレイする意志がなく相手選手の進路を妨害をすること。相手チームに対して間接フリーキックが与えられる。ルール改定以前で言うところのオブストラクション

インフロントキック
 足の甲の内側辺り、もしくは親指の付け根辺りで蹴ること。ボールに対して変化をかける場合や、山なりのボールを蹴る場合などに用いられる。

オウンゴール
 味方のゴールにボールを入れてしまうこと。日本では自殺点と呼ぶこともある。

オーバーラップ
 ディフェンダーの選手等が前線へ上がってきて、攻撃に参加すること。

オフサイド
 相手サイド(ハーフウェイラインより前)でパスを受ける選手より前に、相手チームの選手が2人以上いなければならないというルール。いわゆる待ち伏せ行為を禁止するルール。

オフサイドトラップ
 守備の最終ラインを通常より浅くして、相手のオフサイドを狙う高等テクニックのこと。相手チームがパスを出す瞬間に、パスを受ける相手チームの選手を残して、味方チームの守備ラインを上げる。

オブストラクション
 ボールに対してプレイする意志がなく相手選手の進路を妨害をすること。相手チームに対して間接フリーキックが与えられる。ルール改定により現在はインピードが用いられる

オープンスペース
 双方の選手のいない空いている場所。ここにパスを通すと相手守備陣を崩すチャンスが生まれる。

カウンターアタック
 相手の守備体制が整っていないうちに素早くしかける攻撃。

カテナチア
 「かんぬき」という意味。スイーパーを重視し、強力な守備で相手の攻撃を封じる戦い方。1982年ワールドカップで優勝したイタリアチームについて言われた言葉。

壁パス
 パスを出す選手はパスを出すと共に前方に走り、受けた選手はリターンパスを行うもの。

間接フリーキック
 蹴られたボールが他選手に触れてからでないとゴールに入っても得点にならないフリーキックのこと。このときキッカーは他選手がボールに触れるまではボールに再び触れない。

キックオフ
 ゲームの開始や再開の時にセンタースポットで行なうキックのこと。意外と知られていないが、ワンタッチ目は相手陣内に蹴らなければならない。いきなり味方陣内に蹴り込んだ場合はやりなおしとなる。

キーパーチャージ
 ゴールキーパーに対する不正なチャージ。相手チームのゴールキーパーに接触した場合、ほとんどこの反則を取られていたが、ルール改訂で他のファウルチャージに含まれ、今は削除されている。

クリア
 敵の攻撃から逃れるためにキックやヘディングなどで、ボールをゴールから遠ざけるようにすること。GKがDFに処理を任せる場合などにかける。 もしくは味方選手への指示に用いられる。

クロス
 ウィングサイドからゴール前の地域に出すパス。

クロスバー
 ゴールのゴールポストの頂点を結ぶ水平な部分。

コイントス
 競技の開始前に審判がコインの裏表に対応するチームを決め、コインをトスする。出たコインの面に対応するチームが「エンド」を選択し、他方のチームはキックオフを行う。

コーナーキック
 守備側の選手が最後に触れたボールがゴールポスト間を除くゴールラインを越えた場合のゲームの再開方法。攻撃側がゴールラインを越えた地点に近い側のコーナーエリアからキックする。

コーナーフラッグ
 フィールドの四隅に立てる旗。

コーディネーション
 周りの状況を目や耳などの五感で察知し、それを頭で判断し、筋肉を動かすという一連の行動をスムースに行うための能力。それを鍛える「コーディネーショントレーニング」はサッカーの本場である欧州や南米で特に重要視されており、特に、頭で考えてから動きを身体に伝えるのではなく、身体全体で技術を吸収していくジュニア世代に必要だと言われている。コーディネーショントレーニングをすることで、身体の調整力、バランス感覚、柔軟性などの向上が期待できる。

ゴールエリア
 ゴール前の二重の四角の小さいほう。

ゴールキーパー
 自陣のエリア内では手を使ってボールを扱うことが出来る。他の選手とは違うユニフォームを着ている。

ゴールキック
 攻撃側の選手が最後に触れたボールがゴールポスト間を除くゴールラインを越えた場合のゲームの再開方法。守備側がゴールエリアからペナルティエリアの外にボールをキックして再開する。もしボールがペナルティエリアの外に出る前に、敵味方問わず他の選手がボールに触わったらやりなおしになる。

ゴールポスト
 ゴールを構成する地面から垂直に立つ2本の支柱。

サイドチェンジ
 相手ゴールに向かってボールのあるサイドから逆側のサイドにボールを送ること。通常、ボールが無いサイドは守りが手薄になっているため、スムーズに攻めあがるためには有効な手段である。前半と後半で両チームの守るサイドを入れ替えるが、このことを指す場合もある。

三種
 日本サッカー協会におけるチーム、選手の登録区分。15歳未満の選手により構成されるチーム。 中学校在学中の選手にはこの年齢制限が適用されない。→一種→二種→四種

シールディング
 ボールと相手との間に自分の身体を入れ、ボールを奪われないようにする技術。

シザーズキック
 空中に浮いたボールに対して、最初に蹴り足と反対の足を振り上げ、その足を振り下ろす反動で蹴り足を振り、ボールを蹴ること。その動きが鋏(Scissors) のように見えることからこう呼ばれる。同様の蹴り方で自分の頭越しに蹴る場合はバイシクルキックと呼ばれる。

システム
 守備と攻撃を効率的に行なうための選手の配置の方法や動き方。歴史と共にいろいろなシステムが登場した。現在の主流は3−5−2システムや4−4−2システムである。

シミュレーション
相手からファールを受けたように装って主審を欺きフリーキックを得ようとする行為。主審がファールではなくシミュレーションであると判断した場合は、欺こうとした選手は警告を受けイエローカードが提示される。

ショートコーナー
 コーナーキックの時に、すぐ近くにいる味方選手にパスを出して、そこからゴール前にボールをつないでいく方法。これに対して通常のコーナーキックは直接ゴール前までボールを蹴りこむことが多い。

スイーパー
 相手選手をマークせず、ディフェンダーの一番後ろで、カバーリングや他のディフェンダーへの指示を出す役目の選手。
 スイーパーの中でも特に、チャンスの時には攻撃にも参加する選手をリベロと呼ぶ。

ストッパー
 相手のフォワードをマークして攻撃を阻止するディフェンダーの選手。

ストライカー
 得点機会の多い選手。基本的にはフォワードの選手がこれに該当するが、戦術やシステムによってはミッドフィルダーも該当する場合がある。 そのチーム内で特にシュートを多く決める選手をエースストライカーと呼ぶ。

スライディングタックル
 守備時に身体を投げ出して相手のボールを奪おうとする、もしくはパスやシュートのコースをふさぐ技術。

スルーパス
 相手ディフェンダー選手の間をすり抜けるパス。このパスが通れば決定的なチャンスが生まれる可能性が高くなる。

スローイン
 ボールがタッチラインを越えた時、最後にボールに触わった選手の相手チームに与えられるゲームの再開方法。両手でボールをつかみ、頭の後ろから頭上を通して、フィールドに投げ込む。

セットプレー
 スローインコーナーキックフリーキックなど止まったボールからプレーを再開すること。
 得点に結びつきやすい。

セーブ
 ゴールキーパー が横や斜め前などに飛び、倒れながらボールをつかむ技術。

セレソン
 selecon ポルトガル語で「選ばれた者」の意。選抜チームのことだが、一般にブラジル代表チームのことを指す。

線審
 副審のこと。「ラインズマン」とも呼んだが、ルール改訂で呼称変更された。

センターサークル
 フィールドの中央にある半径9.15メートルの円。 キックオフ時、キックオフを行うチーム以外はインプレーになるまで進入することが出来ない。

センターマーク
 フィールドの中央につけられた標し。このマークにボールを置きキックオフが行われる。

センタリング
 相手陣地のタッチライン付近から中央のゴール前にいる味方プレイヤーに出すパス。

ゾーンディフェンス
 それぞれの選手が守る範囲を決めておく守備の方法。

ゾーンプレス
 DFからFWまでの距離をコンパクト(約30メートル前後)に保ちながら試合を進める戦術。
 攻撃時にはMFやDFもフォローに入り、守備の時にはボールを持った相手に付近の3人ですばやく囲みこむ。 これにより攻撃に厚みを増し、守備の時にも相手がパスを出しにくくなるが、通常よりも体力を消耗しやすく、DFとGKの間に大きなスペースがあいてしまう場合がある。

ダイビングヘッド
 低めに浮いたボールに飛び込んでするヘディング。
また、これとは別に「ダイビング」は、シミュレーションと同義語で使われる。

第4の審判
 主審や副審が審判を続行できない場合に代わりに主審や副審となる。また、試合中に交代選手のチェックをしたり、主審や副審に見えていない場所での悪質な反則などをハーフタイムに知らせることもある。

ダイレクト・プレー
 ゴールから逆算して出来るだけシンプルにプレーを組み立てていく考え方。

タッチライン
 フィールドの境界線を示す長い方の2本をタッチライン、短い方の2本をゴールラインという。

チェック
 ボールを持っている相手選手に守備側がプレッシャーをかけにいくこと。具体的には相手との距離を詰め、ボールを奪うようなアクションを起こすこと。

チップキック
 「足の甲のつま先側」で蹴るキック。地面にあるボールの下側を蹴って、ボールを浮かす高等技術。ボールを高く上げて相手を越したい時のパス、蹴り足をバックスイングせずフワリと浮かすループシュートなどに使う。

チャージ
 相手選手に身体をぶつけボールを奪おうとすること。

直接フリーキック
 直接狙うことが可能なフリーキックのこと。このときキッカーは他選手がボールに触れるまではボールに再び触れない。

ディフェンダー
 相手フォワード選手の攻撃を阻止する役目の選手。
 スイーパーストッパーリベロ などがこの分類に入る。

ディフェンシブハーフ
 中盤の底に位置し、相手のOMFを自由にさせないことなどを期待される役割。

ディフレクティング
 ボールが何かに当たってコースを変えることだが、通常はGKが掌を用いてシュートコースを変え、ゴールを守る技術をさす。

ディレイ
 守備戦術のひとつで、相手の攻撃を遅らせること。積極的にボールを奪うのではなく、パスコースを消し、ドリブルで抜かれないように間合いを取りながら攻撃の手を休めさせるのが目的。

トーキック
 爪先で蹴ること。 小さなモーションで蹴ることが出来るため、ペナルティーエリア内や、敵より先にボールに触れたい場合に用いられる。

トラップ
 転がってきたり、飛んできたボールを止めてコントロールすること。

ドリブル
 突破のときなどに見られ、ボールをプレイングディスタンス内において運ぶ技術のこと。

トレセン
 「トレーニングセンター」を略して「トレセン」。多くの場合、施設そのものというより「トレーニングセンター制度」を指す。トレセンは将来日本代表となるような有望な若手を発掘、育成するために運営されている。

二種
 日本サッカー協会におけるチーム、選手の登録区分。18歳未満の選手により構成されるチーム。 高等学校在学中の選手にはこの年齢制限が適用されない。→一種→三種→四種

ニアサイド
 ゴールとゴールを結ぶ線でフィールドを半分に分け、ボールを持っているプレーヤーのいる近い側をニアサイドと言う。遠い側をファーサイドと言う。

ニアポスト
 ボールのあるサイドから見て、ボールに近い側のゴールポストのこと。→ファーポスト

ハーフウェーライン
 ゴールラインに対して平行にひかれたフィールドを中央で区切る線。

ハーフボレー
 地面にバウンドする直後に蹴ること。

バイシクルキック
 空中にあるボールを自分の頭越しに後方へ蹴るときに、最初に蹴り足と反対の足を振り上げ、その足を振り下ろす反動で蹴り足を振り、ボールを蹴ること。その動きが自転車(Bicycle) を漕ぐように見えることからこう呼ばれる。

バイタルエリア
 サッカーでは、「敵の攻撃を受けている時に、非常に危険なエリア」または、「自軍の攻撃の際に、ボールを持てれば非常に有利になるエリア」という意味。具体的にはセンターバックと守備的ミッドフィルダーの間のエリアを指す場合が多い。単に「バイタル」と使われる場合も多い。

パサー
 ストライカーがゴールを決めるための最終パスや、相手守備陣を崩す絶妙なスルーパスを出す選手。

ハットトリック
 1人の選手が1試合で3得点すること。
 また1試合6得点でダブルハットトリック、9得点でトリプルハットトリックという。
 帽子のマジックのように凄いというところからこの名前がついている。

ハーフタイム
 試合の前半と後半の間の休み時間。最高は15分となっている。

ハンドリング
 手でボールを扱う反則。偶然手に触れた場合など、故意でなければ反則とならない。
 略してハンドということが多い。

パントキック
 ゴールキーパー(GK)がボールを軽く浮かせバウンドさせずにキックすること。バウンドした直後に蹴ることを「ハーフボレーキック」、あるいは「ドロップキック」と言う。

ヒールキック
 踵を用いて蹴ること。

PK合戦
 同点のまま試合が終了した時に、勝敗を決めるために行う。
 両チームから5人ずつ出て、交互にペナルティキックを行い、得点の多いチームの勝利とする。
 5人ずつ終わった時に同点だった場合は、1人ずつのサドンデス方式(1人ずつの勝負で差がついた時点で終了)に切り替わる。

ファーサイド
 ゴールとゴールを結ぶ線でフィールドを半分に分け、ボールを持っているプレーヤーのいない遠い側をファーサイドと言う。近い側をニアサイドと言う。

ファウルチャージ
 相手プレーヤーに対して乱暴な、または危険なチャージをした反則。不正なチャージの総称。直接フリーキックが相手に与えられる。

ファーポスト
 ボールのあるサイドから見て、ボールに遠い側のゴールポストのこと。→ニアポスト

フィジカル
 サッカーにおいては、選手の「体力の有る、無し」や「体幹の強さ、弱さ」などを指す。

フィード
 スペースに浮き球のパスを送ること。 もしくは、後方から前線にパスを送ること。

フィールド
 サッカーの試合を行うコート。
 各名称は以下のように決まっている。

フェイント
 個人技のひとつ。方向転換、蹴るふり、スピードの変化等で相手を惑わし、引き離す技術。
 ドリブルで相手を抜く時などに使う。

フォロー
 味方選手を援護すること。最近ではサポートという場合が多い。

フォワード
 相手の守備陣を突破して得点する役割を担う攻撃の選手。

フリーキック
 反則を受けた側が得られる妨害なしのキック。反則の種類によって直接フリーキックと間接フリーキックがある。相手チームはボールから9.15メートル離れなければならない。

プレーオン
 サッカーで反則が発生すると、主審が笛を吹きプレーが一旦止められるのが通常のケース。ところが、反則が明らかにあってもゲームをそのまま続けた方が、反則をされたチームに有利になる状況の場合は、笛が吹かれず、ゲームが続行する。この場合、「プレーは続く」ということで「プレーオン」という言葉が使われる。

プレス
 ボールを保持する選手に周囲を見る余裕を与えないこと。

ヘディング
 頭でボールを扱うこと。

ペナルティエリア
 ゴール前の二重の四角の大きいほう。この中で攻撃側の直接フリーキックになるファウルが起きるとペナルティーキックとなる。

ペナルティキック
 守備側の選手が自陣のペナルティーエリア 内で直接フリーキックとなる反則を犯した時に与えられるキック。ペナルティーエリア内のペナルティーマークから蹴るが、キッカーとゴールキーパー以外はペナルティーエリアおよびペナルティーアークの外側で、かつボールより後方にいなければならない。

ボランチ
 守備的なミッドフィルダーで、相手の攻撃の芽を摘んだり、時にはボールを奪ってから攻撃の起点となる選手。

ボレーキック
 浮き球を直接蹴ること。

ポストプレー
 攻撃のとき、前線にいるトップの選手(ターゲットマン)にボールを当てて、バイタルエリアに起点を作り、攻撃を組み立てていく方法。

マンツーマン
 1人の選手が相手1人をぴったりマークする守備方法。

ミッドフィルダー
 フォワードディフェンダーの中間のポジション。両ポジションのつなぎ役で攻撃と守備の両方に関わる。特に守備重視のミッドフィルダーを守備的ミッドフィルダーまたはディフェンシブハーフ(=ボランチ)と呼び、攻撃重視のミッドフィールダーを攻撃的ミッドフィルダーまたはオフェンシブハーフ(トップ下などとも呼ばれる)と呼ぶ。

ユーティリティー・プレーヤー
 役割の違う複数のポジションを起用にこなせる選手。

四種
 日本サッカー協会におけるチーム、選手の登録区分。12歳未満の選手により構成されるチーム。 小学校在学中の選手にはこの年齢制限が適用されない。→一種→二種→三種

ラボーナ
 軸足の外にあるボールを、蹴り足を軸足の後ろから通して蹴るトリッキーなキック。

リスタート
 反則がおこった後や、ゴールが失敗した後、ゴールが成功した後など、一旦プレーが止まった後、あらためてプレーを開始する時の事。

リベロ
 スイーパーの中でも、守備だけでなく、チャンスの時には攻撃にも参加する選手。

ルーズボール
 シュートが選手に当たったり競り合いの後など、どちらのチームのボールでもない状態。

ループシュート
 ふわりとボールを浮かせたシュートのこと。ボールの軌道が弧を描くことからこの名前がついた。ゴールキーパーが前に飛び出している時に有効なシュートである。

レイオフ
 後方から来る選手にボールを落とす技術。ポストプレーなどに見られる。

レッドカード
 主審が試合中に退場を示すためのカード。イエローカードよりも悪質な危険行為や反スポーツ的行為をしたと判断された選手に提示される。その後、数試合出場停止処分となるが、出場停止試合数は協議により決定する。

ロスタイム
 試合中、無駄に過ぎている時間は主審が時計を止めているため、電光掲示板などにある時計がタイムアウトになっても、主審の時計がタイムアウトになるまで試合が続行される。ロスタイムが何分あるかは前後半終了時に主審の指示により第4の審判員がボードで掲示する。

ロブ (ロビング)
 相手の頭上を越して味方にパスしたり、シュートする技術。

ロングスロー
 飛距離の長いスローイン。相手ゴール前へのロングスローはコーナーキックに匹敵する。

ワンサイドカット
 複数で守備をする際のひとつの戦術。敵がパスを出しうるコースを1つ減らしてしまうことで、ワンサイドのパスコースを消し、守備をしやすくする。これを「ワンサイドカット」と呼ぶ。

ワンタッチプレー
 トラップをせずにボールへのワンタッチでプレーすること。かなり高いキックの精度が求められる。

ワンツー
 パスを出した後すぐ動き、再びパスを返してもらうこと。