フェアプレー
ワールドカップやJリーグで試合開始前に選手入場の先頭に立って入場してくる黄色い旗、 ご存じですか?
あれは「FAIR PLAY FLAG」といい、FIFAが積極的に展開しているフェアプレーキャンペーンの一環です。 FIFAはフェアプレーが行われてこそサッカーはいつまでも最も魅力的なスポーツであり続けることが出来るという観点から、 このキャンペーンを始めました。サッカーのフィールドの中だけでなく、全てのスポーツ、更には社会生活の中での行動規範として、 フェアプレーの精神が浸透していくことを目標として掲げています。
(財団法人 日本サッカー協会 サッカー指導教本 2002年度版より)
フェアプレーとは

   フェアプレーとは何かという具体的な事例として、
   次の4項目を示します。
@ ルールを正確に理解し、守りましょう。
フェアプレーの基本はルールを熟知した上で、それを守ろうと努力することです。

A ルールの精神:安全・公平・喜び
ルールそのものを知ると同時に、何故そのようなルールになっているのか、 考え方や精神を理解しなくてはいけません。ルールは自分や他人が怪我をしないで安全にプレー出来ること、 両チーム及び選手に公平であること、全員が楽しくプレー出来ることを念頭に置いて作られているのです。

B レフェリーに敬意を払おう。
レフェリーは両チームがルールに従って公平に協議が出来るようにお願いした人です。人間である以上ミスもしますが、最終判断をお願いしているのですから、信頼し、その判断を尊重しましょう。

C 相手に敬意を払いましょう。
相手チームの選手は「敵」ではありません。共にサッカーを楽しむ大切な「仲間」です。仲間に不快感を与えたり、怪我をさせるようなプレーは絶対にしてはいけません。


 Jリーグ FAIR PLAY 特設ページ