キックの種類
サッカーの基本は「蹴る」「止める」「運ぶ」、言い換えれば「キック」「トラップ」「ドリブル」です。
その中で、ここでは「キック」の種類を紹介します。サッカーのキックは足のすべての場所を使用してプレーすることができます。 一般にサッカーでは、ボールをインパクトする部分によってキックの名前が分類されています。 足の甲の中央(靴ひものあたり)でインパクトするキックをインステップキック、足の内側の横でインパクトするキックをインサイドキック。 また、カーブキックなどでよく用いられる足の甲の内側でインパクトするキックをインフロントキック、、 その逆に足の甲の外側でインパクトするキックをアウトフロントキックといい、それぞれ足の向きやスイング軌跡に特徴があります。
インステップキック


足の甲の中央(靴ひものあたり)でインパクトするキック: ロングパスやシュートによく使われるキックです。 威力のあるシュートが打てますが高度な技術を要する非常に難しいキックでもあります。
インサイドキック


足の内側の横でインパクトするキック: インサイドキックは、安定した正確なボールを蹴ることに適したキックです。 その反面、相手に読まれやすくロングパスの際には充分気をつけましょう。 またインサイドキックは、ダイレクトで蹴る機会が非常に多いキックでもあります
インフロントキック


カーブキックなどでよく用いられる足の甲の内側でインパクトするキック: 文字通り、イン=足の内側 フロント=足の前の部分 で蹴るキックです。 使用頻度は非常に高く、様々なシチュエーションで蹴られるキックです。
アウトフロントキック


インフロントキックとは逆に足の甲の外側でインパクトするキック: 体の向きを変えることなく、ノーステップで蹴れるキックです。 ゲーム中多く使われます。 相手の意表をついたパスやシュートをすることができます。
そのほかのキック
アウトサイドキック
「足首の外側」で蹴るキック。
ボールキープでスクリーニングしながら近くの味方にパスを出す時に使います。 足の外側を使えると実戦でも役に立ちます。

トーキック
「つま先」で蹴るキック。
「初めてサッカーをやる子供たち」の多くは、つま先で蹴ります。 子供たちへの指導にあたっては低学年からインサイドまたはインステップで蹴るように、「なるべくつま先で蹴らないように指導」しています。

ヒールキック
かかとを使ったキック。
身体の向きと反対の方向にパスを出すので 相手の裏をかくことが出来ます。ただし、周りの状況を判断しないと 無責任なパスになるので気をつけましょう。

チップキック
遠くに飛ばすことはできないが、ボールを高く上げることができるキック
チップキックは、ディフェンダーの頭越しにパスを出すときに有効なキックです。 遠くに飛ばすことはできないが、ボールを高く上げることができます。また、バックスピンがかかるので、ボールがあまりはずまないのも特徴です。