審判
サッカーに限らずスポーツ全般に言えることですが、審判は試合をコントロールする大事な役目で,正確さと判断力が必要とされる厳しい仕事です。 大きな試合になればなるほど、選手や観客からのプレッシャーも大きくなってきますので、強い精神力も必要とされます。 それだけに、やりがいのある仕事といえるでしょう。 サッカー審判は、その技能も必要ですが、やはり長く経験を積んで成長していくものです。 審判の資格にはいろいろと種類もあります。サッカーの審判員はまず4級審判員の資格を取ることからキャリアをスタートさせます。4級は内容も講習中心なので比較的簡単に取得できます。保護者の皆様も挑戦してみませんか?
資格の種類
サッカー公認審判員の資格の種類は、日本サッカー協会が認定する1級、女子1級、各地域サッカー協会が認定する2級、各都道府県サッカー協会が認定する3級、4級の5種類あります。そして1級になってさらに経験を積むと、Jリーグの審判やFIFA管轄の「国際サッカー審判員」の推薦を受けることができます。FIFA(国際サッカー連盟)が主管となる国際試合などにおいては、加盟国協会が選抜し国際審判員へ資格登録をしている者の中から、FIFAが指名した者のみが国際試合の笛を吹くことが出来ます。
  受検資格 検定内容 担当可能大会 定年規定 ワッペンの色
4級審判員 満12歳以上で心身ともに健康な者 筆記テストのみ 都道府県サッカー協会傘下団体の主審.副審。認められた場合は都道府県サッカー協会の副審 定年50歳の1級、女子1級に準拠
3級審判員 4級取得者で一定の実績のある満15歳以上の者 筆記テスト.体力テスト.実技テスト(4級審判員の実績により免除あり) 都道府県サッカー協会及び協会傘下団体の主審.副審。認められた場合は地域サッカー協会の副審 水色
2級審判員 3級取得後2年以上で一定の実績を積んだ者。各都道府県サッカー協会の推薦が必要  筆記テスト
 体力テスト
 実技テスト
地域サッカー協会.都道府県サッカー協会及び協会傘下団体の主審.副審。認められた場合は日本サッカー協会の副審 シルバー
女子1級
審判員
2級取得後2年以上で実績のある39歳以下の女性。各地域サッカー協会の推薦が必要 日本サッカー協会(女子の大会)の主審.副審、日本サッカー協会(2〜4種)の副審。地域サッカー協会.都道府県サッカー協会及び協会傘下団体の主審.副審。認められた場合は日本サッカー協会(1種)の副審 定年50歳 ゴールド
1級審判員 2級取得後2年以上で実績のある34歳以下の者。各地域サッカー協会の推薦が必要
Jリーグ担当
審判員
選考資格 :1級審判員の中より実績により推薦。協会承認による例外もある。第四の審判員については2級以上の審判員が担当する
国際審判員 選考資格 :1級審判員の中より実績により推薦。又は女子1級審判員の中より実績により推薦。英語必須 定年45歳 主審:白
副審:水色
(FIFAマーク)
審判ワッペン
審判が左胸に着けているワッペン。級によって色が違います。
審判ワッペン4級 審判ワッペン3級 審判ワッペン2級 審判ワッペン1級 審判ワッペン
国際審判員
審判用具
審判活動時に使う用具を紹介します。(ワッペン以外)
審判証 リスペクトワッペン FPワッペン イエロー&レッドカード 記録カード&鉛筆
毎年更新されます JFAリスペクトプロジェクト フェアプレイの証です グリーンもあります スコアをつけます
ホイッスル 時計 トスコイン レフリージャージ レフリーフラッグ
予備の為2個持ちます 予備の為2個持ちます 陣地決めに使います 基本は上下黒です 副審が使います